蕎麦を打ってきました!!

二八蕎麦です。



…すみません。
偉そうに言いましたが、ほぼ先生が打ってくれました…。


いやー、ものすごく体力いるんですよ…。
ぎゅうぎゅう、こねたりするのに。

背筋がいるのようー!!




私が楽に出来たのは、粉振るうぐらいかなー(笑)



ここに水を入れてかき回すとこからは、時間勝負!
水の量は、湿度や気温で変わって来るらしいです。

今日はちょっと乾燥していたみたいで、いつもよりちょーっと多めだったとか。



ねりねり、こねこね…。
楽しいんだけど、つ、つかれる…、し、うまく行かないし…。


…で、先生が見かねて。




綺麗に出来ましたー(笑)


陶芸の時もヘタクソだった菊練り。
高校時代を思い出しました。


これを、三角錐にのばしますよー。





ちびまる子ちゃんにいましたね。こんなキャラ!

これをまた潰して〜…。






まあ、気持ちいいこと〜!





ここからしばらく、手で丸く延ばしていって、
その後、棒でまた広げていきます。





いつの間にか、丸かった生地が、
棒の使い方で、四角い生地になったのには驚きでした!





そして、カット!
けっこう短時間で出来るんですね、蕎麦!






その場で茹ででくれて、打ち立てを頂きました!

お い し !!


先生曰く。
「どんな蕎麦より、自分で打った初めての蕎麦が人生で一番美味い!!」


人生で一番美味いそばを食べました!!




いい経験だったー!

やー、でも、これ。家では、ようやらんわあー。。。




 先日、イカナゴを焚きましたが、

あのイカナゴは生まれてまだ数ヶ月の(2センチぐらい)
『新子』と呼ばれる物でした。


そして、今日は、
生まれて3年過っている『フルセ』(12〜15センチぐらい)を焚いてきましたー!




基本的には、手順はイカナゴのときとほぼ同じ。

でも、洗ったときに脂が浮いてきたのは、驚き!
そして期待!!



なんでも、明石の漁師さんは
「脂ののったフルセが一番うまい!」と言うらしいのです〜。








ザルに上げて、たれを切ります。

もう、もう、この時点ですっっごい、いいにおい〜!!
ゴハンくださいって感じです!!





たまらずパクリ!



その様子を、前にいた同じ班のおばさんに凝視され…、

「できたて、美味しいですよ!」にこり!

(つまみ食い、行儀悪いって怒られる…!?)
びくびく…。




すると「我も我も」と、みんなが食べ始めました(笑)


なーんだ、みんな食べたかったんじゃーん!




和気あいあいと味見しながらの料理教室でした〜。


 「きずしいけます!」と書かれたサバが一尾で190円でした!


こーれーはー。
挑戦するしかないでしょうっ!


きずし(しめ鯖)!!



というわけできずし作りです〜。


塩まぶして、3時間放置。
そして、酢につける…と思ったら。


家にある酢の量が足りない〜。はわわ。


しょうがないので、足りないままの分量で…。
いきなりてきとー。。。




骨と皮は焼いて、骨についてた身をほぐし。



手まり寿司に〜。








鯖の身は1時間程酢で締めた後、

こぶで巻いて
冷蔵庫で一晩寝かせます。





そして、この、皮をむく快感…!!
ぺりぺり〜!


その後、ぴったりラップして、冷凍庫へ。

(こうすると寄生虫が死ぬってホントなのかなー…)






一日おいて、解凍した半身は、





きずしとしてー。

もう半身は、




米を巻いて、



バッテラ〜!

米がくずれるねえ、
難しいぞ、巻き寿司!!


味の方は、やっぱりお酢が足りなかったから、ちょっと生っぽかったです。てへ。
でも、家族にはおおむね高評でした〜。


(それにしても、漬けた後の酢とか、昆布とか、
みんなどうしてるのかなー。
捨てちゃうの?

もったいないよー!)



リクエストを頂いたので、また挑戦します。

でも、これ時間ないと出来んわあ〜。



スーパーでビーツを見つけました。


そういえば、最近見たテレビで、安藤美姫さんも荒川静香さんも
ボルシチを美味しいって言ってたなあ〜!

でも、食べたことないなあ、ボルシチ…。


「よし!作るか〜!」


と、言うことで。




皮付きのままで、10分程煮ます。
みるみる、お湯が紅く…!!

(赤というより、紅…!!)




切ってみたら、真っ赤っかー!!

とにかく色がつくので、牛乳パックの上で調理。



手も染まります。

そして、鍋に投入!



わー、赤ワイン入れたみたいー!




しばらく煮ると、もう、ニンジンかジャガイモかも分からなくなりました…(笑)





完成したものの、これが果たして正解なのか全くわからず…。

一度、本場のボルシチを食してみたいものです。


 この時期、明石はイカナゴの解禁に合わせ、みんな大忙しです。

焚くのです。
とにかく、イカナゴを焚くのです!!

(そして、日頃お世話になっている人に配るのです!!!)



私は今まで食べるの専門でしたが、
今年は、ちょっと配る側になってみようと思いまして、

習いに行ってみました〜!





これがイカナゴ。
1キロです。

朝採れだそうで、ピカピカでした。


これを、しょうがと調味料と共に煮ます。



ちなみにザラメ。

おお〜、分かっていたが、すごい量だぜ…。
230グラムです。





焚いてると、アワが!アワが!

でも、鍋も揺すらず、ひたすら放置…。
これで、焦げ付かないのが不思議…。

火加減だけ注意ですって!
変に触らない。がまんがまん。





全くかき混ぜないままに、1時間ぐらい煮詰めて完成…。
ええ〜、こんなものなの〜。


すごい、でもピン!と立ってます。




ザルに上げて、煮汁を切って、冷ましたら、もうタッパーに詰めて、
いつも貰うイカナゴの姿だ〜。


小分けにして、いつも貰っている方々に配りました!


しかし、体中イカナゴの匂いが染み付いて大変(笑)
みんな、こんな思いをしていたのか…。



イカナゴは期間が短いので、今年中はもう自分で焚くことはないかな…(遠い目)。


来年、手順を忘れていなければまた挑戦したいです!




 

ぶりのあらが198円だったので、
見よう見まねでぶり大根に挑戦。


うーん、しょっぱくなってしまった…。

長い時間煮込んだから?

でも、ウロコも食べれるぐらいになってたので、長く煮込むのは悪くないのかな?


調味料の加減が難しいですね…。



機会があれば、きずしにも挑戦したいのです!

空前の魚ブーム到来。

 お料理教室に行ってきました!



淡路島を臨みながらのお料理教室…。
って言っても、やってる間は景色なんてみる暇もなかったんですが…。


題材は、(あ、メニューか…)
『舌平目のムニエル』と『舌平目の煮付け』です。


舌平目のウロコ取りとか、初めてしたぞー!
ウロコって腹の方にもあるんですね…。

なんか、ぺらぺらの魚って背にしかウロコないんだと思ってました…。



あと、皮は手で剥げるんですね!!
あれ、剥いだ瞬間ちょっと感激しますね!








いろいろ、まさに目からウロコな中、なんとか完成〜。







『舌平目の煮付け』と…、






『舌平目のムニエル』です。


いままで、なんとなしーには作ってたけど、
ちゃんと教えてもらうと、やっぱ気をつけなきゃいけない点とか分かって面白かったです。



また行きます!

次はいかなご習うんだ〜。

 『チューボーですよ!』が好きです。

ゲストの素がみれて、「あ、意外にいい人じゃーん」とか思ったり、
食いっぷりが良かったら惚れちゃったりなんかしたりします。

(そういう意味で、スマスマも好きです)




で、ちょっと前ですが、『キムチチャーハン』の回のゲストが勝地涼くんでした。

「おっ、前髪クネ男だ!」

というと、姉がすごい勢いで



「なんでそんなヒドいこと言うん!!!?」

「ーーーー…」






絶句です。






え、なに。
私が悪口言ってることになってるの…?

あんなに盛り上がってた朝ドラを見てない人が、肩身狭い思いをするならともかく…、


わ た し が !!




「そう。だって前髪クネってたからね!!」




だったら、あえて教えないで、

よそで誰かが勝地くんを『クネ男』って言ったときに、

「なんでそんなヒドいこと言うの!?」って言って引かれればいいよ!!



と言う報復。

(だれも得をしません…)





そして、勝地くんは大変美味しそうにキムチチャーハンを食べてて、
「食べたいーーーー!」と思った私は、今日の晩に同じものを作ったのですが、

あまりにお腹が空いていて、ソッコー食べてしまい、写真を撮れず…。





と言うわけで、キョショーが作った、本家の画像…。


すごーい美味しかったです!!




遅ればせながら、 『水漬けパスタ』というものの情報が入って参りました…。


ご存知でしょうか。
「がってん」でやってたらしいのですが、


乾燥した状態の普通のパスタを、水に一時間以上つけておくと、
(結構長時間までOK)

茹で時間が1〜2分で済むというもの。


しかも、もちもちになるらしい!





やってみたい!


…が、ご飯(米)を食べず、野菜中心のおかずを作りたいウチでは、
あんまりパスタを作る機会がないんですよね〜…。




「だったらさー、マカロニサラダでやってみるのはどうだろう」




と、いうことで!!



マカロニを水につけてみました!

バレリーナと言う種類の形です。




つけたまま、3時間ほど放置。
…すると。。。




しろっっっ!!


白い…。
水も白い…。

恐る恐る触ると…ぐにゃり…。

「これは…柔らかすぎんかね…」
「…」

でも、こうなった以上、行程を進めないわけにはいきません!


お湯に塩を入れて、2分ほど加熱。
すると、色は戻りました!

でも、柔らかいのは…変わらず…。




結論。

大失敗!!

はい、惨敗でした。
マカロニはやめた方がええね!!

形崩れちゃって、ベチャアーとなってしまいました。

アルデンテなんのその。
バレリーナの姿よ、いづこ。


でも、もちもちは、何となくわかる気がした…かな。



今度、ちゃんとパスタで試しまーす!!

 

鳥胸肉のハム!

(盛りつけ最悪だな〜!)



担当さんに、「藤原さんって料理出来るんですか」と聞かれたので、
ちょっと悔しくなって、連続でアップしてみました。


…でも、暑くなってきた時期で、涼しげな料理が多いせいか
あんま、作った感のないものばっかだな〜(汗)



毎日、作ってますよ!

美味しくない時も多いけど!!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

JUGEM PLUS

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM